本人訴訟と遺産分割調停 10年にわたる遺産争い

平成19年に父が死亡、平成25年に母(父の後妻)が死亡 ダブル相続になり、10年にわたってもめています

相手方準備書面(4)です。

平成19年10月に父が死亡し、翌年から遺産分割調停をやっています。

祖母の遺産分割無効訴え(本人訴訟)、母(父の後妻、いわゆるなさぬ仲の人)の死亡などで、2度取り下げ・中断し、これが3度目の遺産分割調停です。

弁護士を依頼せず、自分で書類を書いてます。
その試行錯誤の記録です。


続きを読む

↑このページのトップヘ